TOP > 事業事例

多岐にわたる事業事例のうち、代表的なものをご紹介いたします。

縦型マシニングを搬出後、
レッカーを使用しての車両積込み作業

工事詳細はこちら
縦型マシニングを搬出後、
レッカーを使用しての車両積込み作業

工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
横型マシニングを搬出後、
セイフティーローダーでの車両積込み作業
工事詳細はこちら
横型マシニングを搬出後、
セイフティーローダーでの車両積込み作業
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
2階開口より機器を搬出入する為に、
2階FLに合わせて架台組立の作業
工事詳細はこちら
組立てた架台は、車両のアウトリガーで
レベル調整した後ステージを設置
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
動力盤をレッカーで吊上げ、
介錯ロープを使用しての搬入工事
工事詳細はこちら
ステージには手摺を設置し安全帯を着装するなど、
高所作業の安全対策も万全に配慮する
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
建築中8階建てビルの屋上へキュービクルを設置、
レッカーでは所定の位置まで届かず手前に着地
工事詳細はこちら
ガントリーに吊り替え600㎜の基礎架台を
跨いで吊上げ走行し所定の位置に設置する
工事詳細はこちら
マシニングを重低トレーラーで運び入れ
70tラフターを使用して荷卸作業
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
荷卸後は工場内へ引込搬入し所定の位置に据え付ける

工事詳細はこちら
ラフターを使用してキュービクルを吊上げ、
建物の上部を飛び越えて旋回移動する
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
建物間の通路へラフターを誘導して、
段取りしたコロ曳き用高上げレール上に着地する
工事詳細はこちら
搬入経路は狭い上に段差が多く、
又未整地や砂利道の為にH鋼でコロ曳き用のレールを敷設する
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
敷設する高上げレールは、
地盤抜けや傾斜に注意して作成し尚且つレベルを確認する
工事詳細はこちら
状況に応じて枝切りバサミやツルハシとスコップを使用

工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
機器装置の吊上げ分解、天井が低い為に
吊り代の少ないOCクレーンを使用して作業を進める
工事詳細はこちら
現場の状況や機器の重量に応じて吊り代の少ないタイプの
クレーンを2台使用して装置を吊上げる
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
プレス機上部の油圧ユニット等の撤去は、
天井が低く吊り代が無い為、前面に同じ高さの櫓を組立てる
工事詳細はこちら
組立てた櫓上部に油圧ユニット等を移動固定した後に
ダルマ落としで降ろして行く
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
ピット内に既設しているプレス機を解体搬出をする為に
油圧ガントりーを組立て設置する
工事詳細はこちら
設置した油圧ガントリーでは
手始めにプレス機上部のクラウンから吊り降ろす
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
その後サイドフレームやスライドを順次に解体撤去していき、
最後はベットをピットから吊り出す
工事詳細はこちら
各種大型専用機の吊り込み作業、形状や大きさ、
重量や重心を考慮しての玉掛技術が必要である
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
工場2階や3階、開口の状況や機器重量などを考慮して
レッカーの定格荷重から使用する機種を判断する
工事詳細はこちら
機器の形状や重心の位置を判断し吊り天秤や
チェンブロックなど、適正な玉掛機材を選別使用する
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
輸送する機器の重量や積載後の寸法を考慮して
より適切なトレーラーシャーシの形状を判断する
工事詳細はこちら
地下電気室に設置されている変電設備を更新する為、
地上1階まで吊り櫓を組立てる
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
組立てた吊り櫓に複数のチェンブロックをセットして
トランスを巻き上げて地上へと吊り出して行く
工事詳細はこちら
8階建て建物の8階に変電設備が設けられている場合は
屋上階へ向けて吊り櫓を組立てる
工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
吊り櫓で屋上階まで吊り出されたトランスは
レッカーを使用して今度は地上へと吊り降ろす
工事詳細はこちら
NCフライスを工場より搬出し大型ユニック車へ積込み

工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
マシニングを大型車よりレッカーで吊り降ろして
工場内へ搬入し据付する
工事詳細はこちら
大型マシニングの移設、同じ敷地内の別棟へと移動する

工事詳細はこちら
アールキューブタイトル
工場内に設置されている門型ホイストクレーンを
一度解体し別の位置へと改造を施して組立てる
工事詳細はこちら